2010会員番号修正完了

2010会員申込みされた方で、「10-1」〜「10-216」の会員番号を受け取られた方にはすべて修正後の会員番号を通知済みです。迷惑メールに紛れ込んで見落とした方はご自身で会員番号の修正をお願いします。

会員番号の形式 10-0000

ハイフン(−)以下はゼロをプラスして4桁「10-0×××」になります。

例 10-1→10- 000 1 10-216→10- 0 216

BRMに申し込まれる方は必ず10-0000の番号を記載してください。最初の「10-」やハイフン以下の最初の「0」を省略しないようにお願いします。

AJでは全会員の認定を記録しています。「0」を省略した番号ですと、ソートできずに作業に時間がかかります。また、正しく記録できないこともあります。よろしくお願いします。

2009.11.2 2010会員番号修正のお願い

11月1日より2010会員受付を開始しました。スポーツエントリーで入会された方は自動配信メールで会員番号を受け取っていると思います。

会員番号の形式は0000-00なのですが、手違いにより10-1という形式で”ソート(並べ替え) “の出来ない会員番号となってしまいました。すでに、スポーツエントリーの設定は修正済みですが、2010年の会員番号は00-0000の形式になります。10-216までの番号を受け取った方は修正が必要になります。

10-1 → 10-0001 「-」の後ろは4桁になります。

修正が必要な方にはAJの名簿担当者から個別に「AJ会員番号修正のお知らせ」というメールが遅くとも今月末までに届きます。来年のBRM申込みまでは2010会員番号は必要ありませんので、すぐメールが来ないからといってくれぐも心配しないようお願いします。ご自身で修正した会員番号を使用しても問題ありません。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

●会員のみなさまへ

スポーツエントリーでBRMに申し込まれる際には、「10-」や 0を省略せずに正しい会員番号でお願いします。

以上、よろしくお願いします。

SR(シューペル・ランドヌール)メダル申請について

SRは同じ年に200、300、400、600kmの認定を受けると与えられる称号で、SRになられた方は記念のSRメダルを購入できますが、一人一枚限定とします。 これまでには、SR資格2回分以上の認定を受けた方で、希望者には申請枚数を認めておりましたが、今年から一人一枚限定になります。SRはあくまでも称号であり、その記念にSRメダルを購入できるものです。従って、SR資格が何回分あったとしてもSRには変わりませんので、一人一枚とさせていただきます。SR資格2回、3回分の認定を取られた方には敬意を表しますが、ご理解いただくようお願いいたします。 すでに、申し込まれた方がおりましたら申し訳ありませんが、返金させていただきますのでご了承ください。
カテゴリー: SR

SR(シューペル・ランドヌール)について

SRは同じ年に200、300、400、600kmの認定を受けると与えられる称号で、SRになられた方は記念のSRメダルを購入できます。 SR資格は、上記のように同じ年に200、300、400、600kmの認定取得となっています。長い距離で短い距離を代替できますが、代替できるのはSR対象の600kmまでで、1000kmでの代替はできませんので、ご注意ください。 詳しくは以下を参照ください。 http://www.audax-japan.org/wp01/award/sr/ 2009年のSRメダル申請は11月1日〜30日の期間で受け付けます。申請方法は10月下旬にお知らせします。 以上、よろしくお願いします。
カテゴリー: SR

スタートの閉鎖時間変更のお知らせ

BRM509神奈川400km、BRM509近畿200kmより、スタート閉鎖時間を1時間から30分に短縮します。閉鎖時間を過ぎると、出走できませんのでご注意ください。

BRMではスタートにも途中のPCと同じようにオーブン、クローズ時刻があります。主催者が決めたスタート時刻がオーブン時刻となり、それから1時間後がクローズ時刻です。スタートに遅れてきてもクローズ時刻までは出走できるようになっています。

日本の場合には、30分以上遅れてくる方はあまりいませんが、DNSの連絡が徹底されないため、スタッフはクローズするまで待機しなければならず、大きな負担になっていました。

BRMは参加者によるボランティアで開催しています。年々BRM回数は増えており、できる限りボランティアスタッフの負担を減らさなければ、将来に渡って継続していくことは難しくなります。そのため、ボランティアスタッフの負担軽減を目的として、スタート閉鎖時間を1時間から30分に短縮することにしました。

この件に関しては理事会において審議、投票によって決定しました。理事会は通常のメーリングリスト利用によるものです。理事会決定後に、ACPから日本のローカルルールとして変更が認められました。

  • 2009.4.27決定
    投票権者15名
    納見副会長、平山副会長、川野
    理事12名(AJ北海道、ランドヌール宮城、AJ宇都宮、AJ千葉、オダックス埼玉、AJ神奈川、AJ静岡、ランドヌールクラブ名古屋、AR中部、ARC信濃、オダックス近畿、AJ福岡)
    賛成15 反対0

    決定項目
    スタート閉鎖時間を1時間から30分に短縮する

  • 2009.4.29
    ACPより日本のローカルルールとして30分短縮を許可

  • 変更適用
    2009年のBRM509より適用

以上

2009.4.30 オダックスジャパン 会長 白木 緑