Randonneur Mondiaux

PBP(Paris Brest Paris)を除く1200km以上のブルベはACPではなくRM(Randonneur Mondiaux)が認定します。特に1200kmを超えるブルベは1200+と称され、LEL(ロンドン-エジンバラ-ロンドン、イギリス)1400km、ミッレ1001(イタリア)は1600㎞などがあります。さらに、バンクーバーアイランド(カナダ)2000㎞、スカンジナビア2100km、オーストラリア4000km、ロシア4500kmと超々ロングもあります(→海外ロングブルベ)。 これらはすべててRMが認定を行います。

特徴

参加者に関して、BRMとRMに大きなルール規定の違いはありませんが、主催者の規定にはBRMと異なる点があります。詳しく知りたい人はRMの規定を参照ください。毎年の世界のRMカレンダーも掲載されています。 一般にRMは30名から100名以下の募集で開催されることが多く、オーバナイトコントロールが設置されその場所で仮眠や食事ができます(食事が無い場合もあります)。コントロールとコントロールの間は最低100km以上離れており、長いと200km前後の場合もあります。その時、参加者は水や食事の準備や補給を考慮しておかなければいけません。 一方2000kmを超えると走者の力量がはっきりする為、オーバナイトコントロールを設置する主催者は少なく、自分でホテルなど宿泊の用意、食事の準備をする必要があります。 いずれにしろサポートカーがいつもある訳ではありませんので、すべて自己責任で完走する必要がありますが、DNFした場合の対応も自分で模索しておかなければいけません。

2016年1200km超ブルべ

最終更新日: 2016年6月18日