保険について(重要)

保険
事故にあわれたら、
  1. 警察、消防(救急車)への連絡の後、
  2. 主催者に連絡してください。
昨今、自転車事故における賠償の高額判決も出ていることなどを踏まえ、オダックス・ジャパンが統括するBRM、Flecheについても、SR600同様、賠償責任保険金額を、現状の5千万円以上から、1億円以上に引き上げることを決定しました。 この変更は、2018年1月1日以降に開催されるBRM、Flecheに適用されます。 本年度中に、現在加入の保険契約が満了する参加者の方もおられると思いますので、保険更新のタイミングなど、余裕を持って契約条件の確認をされることをお薦めします。   2017/07/18 補足 :1つの保険で新ルールの1億円以上という条件を満たせない場合は、複数の保険で満たせばよいこととします。その場合、保険会社、保険の種類、証券番号の申告に関しては、必要な全ての保険を申告していただきます。  

保険について

  • BRMに参加するためには、賠償付き保険加入が絶対条件になります。
  • 保険未加入者は参加できません。
  • AJ会員も自己の責任において賠償付き保険に加入してください(AJ会員の団体保険はありません)。
  • エントリー時点で出走するBRMの開催期間中有効な保険に加入済みであることを申告してもらいます。

BRM出走に必要な賠償付き保険の内容

保険会社/保険種類
下記の条件を満たせば、保険会社、保険の種類は問いません。
補償内容
サイクリング中に起こした事故によって損害賠償責任を負った際に支払われる保険であること。
補償金額
賠償責任保険金額5,000万円以上であること。 (2018年1月1日より1億円以上に引き上げ)
保険期間
参加するBRM、Fleche、SR600のスタートからゴールまでが保険期間に含まれていること。
注意
  • BRMに参加するのに必須の保険は賠償責任付き保険です(BRM/AJ規定)。参加者本人の死亡や後遺障害時の補償は必須ではありません。
  • しかしBRM中の事故により大きな怪我を負う可能性はありますので、参加者本人の死亡や後遺障害時の補償にも加入しておくことを強く推奨します。
  • サイクリング中の事故が補償対象かどうかはご自身で保険会社に確認してください。
  • JCA会員の自転車総合保険はブルべには対応していませんので、ご注意ください。
  • AJや各主催クラブが保険会社に対して確認することはありませんし、責任も負いません。

エントリー時の申告内容

エントリー時に下記項目を申告してもらいます。
  • 加入保険会社名
  • 保険種類
  • 証券番号
  • 保険加入期間
  • 賠償責任保険金額(補償される賠償金額の上限額)
注意
  • BRMを主催するクラブによりエントリー方法は異なりますが、どのクラブでもBRMにエントリーする際には上記申告が必須です。
  • クラブにより申告項目・内容が異なる場合もあります。各クラブに確認してください。
  • エントリーに際して申告した保険の保険証券のコピー等の提出は必須ではありません。各クラブにより対応が異なりますので、各クラブに確認してください。

重大事項

BRM参加者規則により、賠償責任保険加入の条件を満たしていない場合、AJ統括のBRM、Fleche、SR600に参加することはできません。参加後に条件を満たしていないことが発覚した場合、認定を取り消し、以後の参加をお断りします。 (以下事例)
  • エントリー時の申告内容が虚偽(無保険や補償金額の不足など)であることが発覚した場合(BRM/AM規定4条の違反)
  • 参加者が起こした事故により発生した損害賠償責任が、ACP、オダックス・ジャパン、主催クラブ、主催者およびBRM開催の協力者(例:スタートやゴール地点の所有者や貸主など)に及んだ場合(BRM/AJ規定5条の違反)

居住地が海外にある参加者の場合

AJとしては以下を基準とします。
  • 参加者本人の申告があれば参加を認める。
  • 主催者の裁量(断ることも含めて)とする。
  • 別途、主催者にお問い合わせください。
 
最終更新日: 2017年7月18日